アドレスよりもまずはID交換

人気№1
愛カツ
>>LINE掲示板サイトの詳細はこちら
人気№2
FRIENDS
>>LINE掲示板サイトの詳細はこちら
人気№3
SweetLine
>>LINE掲示板サイトの詳細はこちら
nesoberu

直アド交換よりもLINE IDを交換してみてはどうでしょうか?

従来、インターネットで親しくなった異性とは直アドを交換したいというのが一般的でした。

人気の出会い系サイトでも、第1段階をクリアするのは直アドの交換でした。

直アド交換をするがための情報を公開しているサイトもあったほどです。

そんな攻略サイトを参考にして実行した人もいると思います。

その結果、いろいろな自分の経験も加味して自分なりのスタイルを構築してきたのです。

こういった直アド交換は今でも大切な意味を持っています。

出会い系サイトで利用するメルアドは、直アドを使わないことが普通です。

交際候補の相手とのコンタクトはYahoo!メールやGmailやHotmailやなどのフリーメールを使うのが常識でした。

その理由は、サクラに騙されたりトラブルに遭遇したときに、対処しやすいからです。

出会い系サイトでは相互に信頼関係ができた段階で直アド交換に進むのが暗黙の了解でした。

直アド交換できていないということは、信頼関係が構築でいていないことなのです。

直アドには慎重になりますがLINE IDについては、結構ハードルが低いです。

「誰にでも教えても良い」とまではいかないですが、それほど大切な情報とも考えていません。

しかし、最近は4桁の暗証番号が義務づけられました。

不正なログインを避ける為です。

ID交換をしておけば直接連絡が取れるようになります。

直アドと同じ意味があるのですが、どうもそれほど重要視されていないのが問題です。

イヤならばブロックすればいい……これが原因でしょう。

個人情報として考えた場合は直アドと同じでとても役に立ちます。

でも重要に思っていないから教えてもらいやすいのです。

親しくなりたい相手がいるならば、直アドが無理ならばLINE IDを交換することからスタートしましょう。

プロフィール写真はキメキメのものよりも緩い感じの方が良い場合もあります

yokogao

ラインで相手を探す場合は名前ではなくてプロフィール画像を見て確認するケースもあります。

ビジュアルで探すのは判断もしやすいです。

名前よりも有効な場合もあります。

自分自身の身代わりといっても良いアイコンな訳です。

プロフィール欄にどんな写真を利用するのかは個性が出る部分です。

ストレートに自分の写真を使う人も多いです。

元になる写真がプリクラだったり、スマートフォンで撮影した物かもしれません。

本人の写真じゃなくアバターやキャラクターを使う人もいます。

自分が元になっているものばかりではありません。

好きなモノの写真のケースもあるでしょう。

二次元画像や風景写真を掲載したりもしています。

個性がでますから、いろいろと考えているようですね。

こんな写真をラインで使っているとケースによっては自分の写真が羅列する場合もあります。

メッセージを入れれば入れるほど連続します。

中にはキメキメの写真だとウザイと感じる人もいるでしょう。

こういったことが起こりがちです。

できたら動物などの緩い写真の方が受けもいいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ